FX口座開設をするなら!100円から始められるココがお勧め!

テクニカルは複数を組み合わせることが重要

FX取引では多くの投資家がテクニカルを利用してトレードしていますが、その際に重要となるのはテクニカルの組み合わせです。
テクニカルは数学的、統計的な手法で相場の状況を判断することができる有力なツールですが、ひとつのテクニカルだけでは万能ではありません。複数のテクニカルを有効に組み合わせることができれば、その分トレードの勝率を高めていくことが出来るのです。

たとえばドル円相場における有効なテクニカルの組み合わせに、一目均衡表とMACDの組み合わせがあります。相場の波を読めるのが一目均衡表の特徴です。一目均衡表の雲を抜ける、あるいは遅行線がローソク足を抜けそうな時、相場が転換する可能性があります。しかし一目均衡表は反応が遅いという欠点があります。そこでMACDを見て新規約定のタイミングを図るのです。

ここで重要なのが一目均衡表を長めの時間軸で、MACDの方を短めの時間軸で設定するということです。たとえば一目均衡表を1時間足で、MACDを15分足で設定するのです。 一目均衡表で相場が転換しそうなタイミングを把握し、MACDがゴールデンクロスしたら新規約定するのです。

一目均衡表は相場の流れを読みやすく、MACDは売買のタイミングを読みやすいという特徴を持っています。このように二つの特徴を組み合わせれば、適切に押し目買いや戻り売りのタイミングを掴めやすいのです。そうやって相場にエントリーし、利食いあるいは損切りのタイミングはMACDが反転したところで自動的に行うという風にしておけば、テクニカル重視のトレードができることになります。

サイトマップ |  テクニカルは複数を組み合わせることが重要 |  FX歴十年以上の中年男の悲しい知識 |  FXで負けない方法は想像以上に簡単でした。 |  FXで順張りの利益を支えるのはレンジ相場の逆張り |  規律を作ってFXをするにはまず自分の性格を知ることから