FX口座開設をするなら!100円から始められるココがお勧め!

儲かる人と儲からない人

投資は結局は儲かる人と儲からない人にわかれます。それはなぜかと言うと、儲かる人は基本的には投資において損切りということができます。この損切りというものは一定の額で損を抱えてしまった時にこれ以上損失が膨らむのを防ぐためのものです。この損失を防ぐにはやはり早い段階での損切りが必要となります。

しかし、この損切りができないと人はどんどん損失を積み重ねていって結局はその損失が取り返しのつかないことにまで落ちってしまいます。このようなことを防ぐためには自分で損切りということをしなくてはいけません。まあた、この損切りというものは投資全般に言えることです。つまりはFXだろうが株式だろうが同じことが言えるということです。

また、株式なんかは一度落ちるとどこまでもおちていきます。なぜならボラティリティ(価格変動リスク)が大きいためです。このように投資というものは未来の不確実性が伴うものなので、しっかりとその未来への不確実性を取り除くためには諦めて損切りも必要となるのです。また、この損切りのタイミングもかなり重要ですので、損切りにおいては自分である一定のルールを決めてから損切りを行うことがかなり重要となります。

基本的には投資は自分での管理がかなり重要なので、人任せにするのではなくあくまでも自分で管理していくということは忘れないで投資を行うことが非常に大切です。以上が投資における大切な損切りという観点からの記事です。

サイトマップ |  テクニカルは複数を組み合わせることが重要 |  FX歴十年以上の中年男の悲しい知識 |  FXで負けない方法は想像以上に簡単でした。 |  FXで順張りの利益を支えるのはレンジ相場の逆張り |  規律を作ってFXをするにはまず自分の性格を知ることから